イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

「とくちゃん」という人。アル中親、割れた窓ガラス、14歳でホームレス、そしてもうすぐ目標の年収2000万越え。

「渡部和光のインド珍道中シェア会」というイベントに行ってきました。

 

ameblo.jp

 

正直、インドの話なんか、全然興味なかったのです。

バッグパッカーがみんな行くよね。
んで、人生観変わった!とか言う。

混沌、
何でもあり、
そんでもって、死体見てきて、「人生は、、、」とか語り出す。

定番中の定番。

「おいおい学生、まず働いてっから言ってくれ。」とか狭量にも思ってしまう。


イスラムなんか、みんなで死体お風呂で洗って、死装束着せて、埋葬の準備すんだぞ。死体普通に見慣れてんで。


などなど思うところがあったので、すぐには申し込まなかったこのイベント。

けれども、「あの」とくちゃんに会ってみたくて。行きました。

凄まじい過去から這い上がった人、とくちゃん。

 

アル中の父親。
いつも割れている窓ガラス。
鼻も、肋骨も折れ、鼓膜も破られている母親。
毎日の暴力、恫喝。
遊びも、おもちゃも、部活も、禁じられ、脚に障害が残るほど正座させられ、唾を吐きかけられる日々。
自殺を図ろうとし、他者を殺そうとし、とくちゃんまでも殺そうとする父親。
14歳で家出、15歳から完全に一人で生きている。
しかし人間関係が築けず、自己を肯定できず、110職以上を転々とする。
15歳から17歳で255万円稼ぐが、後に引きこもり始める。
鬱になる、悪夢を見る、毎日の金縛り、自殺を繰り返すが死ねず、死刑になりたいためだけに無差別殺人をも考える。

こうして書いているだけで、ツラくなる、人生。

けれども、とくちゃん、偉かったね。

思いとどまった。こう考えて。

 

自分が殺そうとしている人も、もしかしたら自分と同じぐらい大変な人生を生きてきた人かもしれない。


今度は、殺してもいいぐらいの、悪そうな奴らを殺そうとした。でも思いとどまった。

 

あいつらも、もしかしたら自分と同じぐらい悲惨な人生を生きてきた人かもしれない。

そして、自分の父親を殺そうとした。

そして

思いとどまった。

17歳だから死刑にならないかもしれない。じゃあ前科者の人生送るのか。

 

とくちゃん、賢かったね。

神々しいよ。

とくちゃんは、それから自分の人生を自分で切り開きました。

本当に、血と涙をいっぱい流しながら、その両手で、よれよれになりながら、切り開いた。

今40歳。

たった10年前まで、100円マックが買えなかった人。

32歳まで、友達が一人もいなかった人。

今では、月収200万の月もあるという。

成功したら行こうと決めていた海外旅行。

それがインド。

興味がないと言っていた、インド話。おもしろかったです。

旅慣れていない、とくちゃん話もおもしろかった。

とくちゃん:  電車が半日ぐらい遅れたんです。(かなり憤ってる)
私(心の中ね):ふつーや。

とくちゃん:  空港の両替所も信用できないんです。
私(心の中ね):ふつーふつー。

とくちゃん:  シーツに気づかず、私だけシーツ使わなかったんです。
私(心の中ね):あかん!とくちゃん、シーツ使わな、いっぺんでシラミうつんで!

今は、自分を世界で一番尊敬している、と明るく、逞しく、言い切るとくちゃんのファンになりました。

 

こんなとくちゃんのコーチングも、素晴らしいに違いないと思います。

 

f:id:rahmaway:20180219180104j:plain

とっても爽やかハンサムさんでした。

お祈りって、本当に1日5回するの?イスラムに関する多かった質問です。

お祈りって、本当に1日5回するの?

これも、「かさこ塾」の質問でいただきました。

 

好きを仕事にする大人塾かさこ塾 – 好きを仕事にするためのセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾



わたしもイスラムになった時は、「とは言え」なんだろうなと思っていました。

けれど実際は、例外なし、1日5回祈ります。

でも1回は、5分ぐらい。だから、難しいことではないのです。


お昼ごろ、午後、夕方、夜。この4回は妥当な時間帯ですよね。お茶休憩と同じ。

ただ残り1回が日の出前。これはなかなか大変です。

夏なんかは、4時ごろとかだし。

 

仕事とか、学校とかの自分の都合じゃなく、他者の都合で1日をスタートする。他者の命だから起床する。否が応なしに、自分と他者との上下関係を突きつけられるのです。

ある、スリランカ人の話。

留学生時代、アルバイトの面接で、この礼拝が問題になった。

ホテルで「料理出し」のバイト。一番忙しい時間帯に夕方の礼拝がかかる。

彼は店長にかけ合った。

「絶対にお客様に迷惑かからないようにするから、5分ください。もし一回でもクレームがあれば、すぐにクビにしていいから。」

彼は持ち前の真面目さで懸命に働いて、2ヶ月後には、一緒に働く日本人が、

「お祈りは?」「お祈り行かなきゃ。」と言ってくれるようになった。
スリランカおしんちゃん。

イスラムに、実践できないような難しいことは、ありません。

f:id:rahmaway:20180220154545j:plain

 

宗教臭いのは、嫌いなんです。イスラムに似合わない4つの言葉。

実は、できるだけ使いたくないのです、以下の言葉。

  1. 宗教
  2. 〜教
  3. 〜教徒


イスラムをやっていると、違うんだなあ、と感じるから。

宗教とイスラムのイメージが合致しないのです。

例えば、私が最近ハマってて、ここでもよく取り上げている「かさこ塾」。

好きを仕事にする大人塾かさこ塾 – 好きを仕事にするためのセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾

「これ、宗教なんじゃないの。宗教臭い。」って思った。

他には、「るってぃ君」という、プロ無職でブロガーで、色々多彩な、今グイグイ来てるすごい人。(その節はお世話になりました。お元気ですか?( ̄▽ ̄;)うふっ。いきなり低姿勢)この間も、スマホとパンツでアメリカ旅行したりした人。

これに群がる面々。。。

おっ!最近、宗教っぽくなってきたな、などと感じてしまう。いえいえ批判ではありません。それほど影響力強い、ザ・インフルエンサーなのです。

twitter.com

 

他にも色々あるけど。

 

人に心酔して、群がって、持ち上げて、なんでもかんでも、すごい、さすがと同調する。

やばくね?

 

フッ。。。

 

「お前が宗教やってんだろが!」って突っ込まないで!

いいんですよ、「信仰」は自由ですから。物を信仰しようと、人を信仰しようと、

 

ただイスラムは違う、ということ。

立派なイスラム教徒も勿論いっぱいいますが、私が最初に会ったのは、それはそれは、いい加減なヤツら。

軽いは、ふざけてるわ。要するに宗教臭さ一切なし、思いっきり俗っぽい。普通の日本人の方がはるかに、神々しく立派なのですよ。

けれども、それでも持っているイスラム。それがすごく、おもしろいと思った。興味が湧いた。だってどんなチャラさんと話しても、その行動の裏付けとして、

イスラムでこうだから、僕らこうするんだ。」とイスラムが登場する。

宗教の話をしてくれと言っているわけではないのに、色んなことの理由づけがイスラムなんだな。

元々そこに、普通の人に、イスラムがある。

 

なんか、いいと思ったのです。

教っていうイメージだと、なんだか狭くて。

イスラム教徒と言われると、「ええ、まあ、確かにそうなんですけどねえ。」となるのです。間違った単語みたいで、気持ち悪いのです、「宗教」。

ま、まあねえ、ジャンルとしては宗教なんでしょうけどねえ。

宗教やってる人って、やたら質素か、やたら身綺麗か、変な格好してるかじゃない?

 

(−_−;)

 

ごめんなさい、そうですよね、スカーフしてる方がもっと怪しいか。

でもね、スカーフとったら、すごいんだから。女性だけのパーティーとか、それはもう、とても言えないぐらい、ヒョーとか、ヒェーとかなんだから。

 

だから面白いんだな、イスラム


イスラムを信仰する人を、アラビア語ムスリムと言います。日本も含め、世界中、ムスリムという言葉が結構広まっています。だからここでは「ムスリム」使わせてくださいね。

 

f:id:rahmaway:20180216193531j:plain

トルコの普通のおっちゃん

 

f:id:rahmaway:20180216193645j:plain

こういう普通の人たちが、祈ったり、断食したりする、おもしろさ。

イスラムについて「かさこ塾」で多かった質問について答えます。②イスラムってどこの国のもの?誰が一体イスラムなんだ!

イスラム増えてますねえ。

世界の1/4とも1/3とも言われています。

最初にイスラムという形になったのは、サウジアラビアそこから広がったのでアラブに多いのは当然ですね。でも今やこんな時代ですから、ボーダーレス、グローバルです。これからはネット環境充実している所に広がっていくのかも。

イスラムの人を判別するのは、難しい。

親がイスラムなら子も当然イスラムなのです。しかし様々な人がいて、親子がいて、家族がある。

 

息子の高校での話。

ある日ハーフだろうなあ、ぐらいに思っていた同級生と始めて話したそうな。

 

その子曰く:「お父さんバングラデシュなんだよね。だからお父さんはイスラム。だからお母さんも、多分イスラム。」

 

私:「じゃあその子も当然イスラムだろう!?」

 

息子:「いやあ、まあ、多分そう、なのかなあ。ハハハ。聞くのもなんだし。」

 

f:id:rahmaway:20180215142503j:plain

 

だから、いかにもイスラム風の名前、つまりイスラムの歴史上の人物と同じ名前だったりしても、本人がどう思っているかは、聞いてみないとわからない。

 

ということで、お父さんがイスラム圏出身の、ダルビッシュ選手、サニーブラウン選手、ローラさん、あるいはイスラムになったとして知られているジャネット・ジャクソンアントニオ猪木さんなど、どこかであったら、直接聞いてみましょう。

 

前回のブログでもお話しした通り、外見や、名前や、国籍や、出身地から判断することは難しいのです。それでも多分スカーフしている女性は、イスラムの確率は高い。

でも、心の内は誰にもわからない。

 

それは、その人の信条。

 

 

 

 

rahmaway.hatenablog.com

 

rahmaway.hatenablog.com

 

 

 

私が個人的に感じるイスラムの魅力②イスラムはかっこいい。普通に祈る人

イスラムはかっこいい。

 

f:id:rahmaway:20180213204856j:plain

 

私がイスラムがかっこいいと感じるのは、普通に暮らしている普通の人が普通に1日5回祈っているところです。

 

すごい真面目な人もいるかも知れないし、いい加減な人もいるかも知れない。

 

立派な人もいれば、ちゃらんぽらんもいる。

 

でも、普通に聖と俗とが共存しうるところ。そこがかっこいいし、本物だと思うのです。

 

店先で、公園で、道路で、突然祈り始める人がいたら、きっとイスラムの人ですよ。

 

あ、別に静かにしなくてもいいし、普通でいいですよ。みんな普通に祈っているので、周りの皆さんもどうぞ普通で。

 

どうです、かっこよくないですか。

 

 

 

イスラムについて「かさこ塾」で多かった質問について答えます。①ファッション。それは「私が個人的に感じるイスラムの魅力」にも通じるのです。

好きな事を仕事にする大人のための「かさこ塾」、最終回は3分間プレゼンテーションでした。

 

私はイスラムをテーマにプレゼンテーションをやりたかったので、事前にアンケートを取りました。

 

イスラムについて質問やコメント大募集!

 

アンケートの結果は、こんなでした。

 

  • 顔隠しと隠さない、国の違い?宗派の違い?
  • 日本で不便な事ってある?
  • 1日5回お祈りする?
  • スカーフに流行りってあるの?
  • そもそもどんな宗教?
  • 何で食べちゃいけないものがあるの?
  • スカーフは必ず着用するの?
  • マレーシアは服装自由だね。
  • どの国の宗教?
  • 有名人とかいるの?
  • 日本文化に馴染みがあるものってありますか?

 

以外に多かったのが、スカーフに関する質問。

 

プレゼンテーションの中では、その全てに答える時間がなかったので、答えられなかった質問も含め、ざっくりと冊子にしました。まだお配りしていませんけど。

あ、専門的な回答をするつもりはありません。それはいっぱいいらっしゃるイスラム学者さんに聞いてくださいね。

 

今回は、スカーフ🧕に関する質問にお答えします。

 

まずこちらの素敵なファッション。

 

f:id:rahmaway:20180211103220j:plain

これはユニクロイスラムファッションのラインナップです。

 

プレゼンテーションではここで「おお!」とか「えー?」とかの声が上がりました。

 

その反応に私はびっくり。だって、「東京のユニクロにも普通に売ってるやん」という気持ち。人間って関心ないと見事にスルーしてるのですねえ。

 

そして色々なスカーフ類の写真をお見せしました。

f:id:rahmaway:20180211104417j:plain

顔隠しだけ黒の人。

 

f:id:rahmaway:20180211104427j:plain

インドネシアあたりのお祈りの服ですね。

 

f:id:rahmaway:20180211104437j:plain

ニューヨークの写真だそうです。

 

f:id:rahmaway:20180211104451j:plain

かわいい。

 

f:id:rahmaway:20180211104444j:plain

アラブかな?

 

f:id:rahmaway:20180211104458j:plain

オシャレ。

 

f:id:rahmaway:20180211104505j:plain

多数派?

 

皆さん、グイグイ食いつく。

 

逆にびっくり。

皆んな知ってると思ってた、そんなこと。これほどイスラムを見聞きしたりする昨今だし。

 

国の違いか、宗派の違いか?との質問をいただきました。

 

うーん。。。

 

サウジあたりでは黒で顔隠しが多いけど、サウジ人が日本で同様に着ているかというと、そういう人もいるし、そうでない人もいる。

カラフル系が多いマレーシア、インドネシア人が、黒顔隠しをしないかと言うと、そんなことはない。

ご近所に住む日本人ムスリムも、黒顔隠ししてる。

 

みんなスカートか?否、スカート、パンツまちまち。

 

つけ方も、きっちりの人もいれば、ルーズな人もいる。

 

だから、国?関係ないですねえ。

宗派?それも違う。

文化?が一番近いけど、それも本当ではないなあ。

 

結論は、好み。ですねえ。

 

勿論、何にもつけていない人もいますよ。お祈りの時だけつけるとか。

 

つけていないから、イスラムじゃない!などと誰も言えません。

だって心の中は誰にもわからないから。

 

つけている方が上で、つけていない人が下、ということもない。

ステージが上とか、階級が上とか、ないない。そんな了見が狭いものなら、私、選んでませんから。とっとと去ってるね。

 

だって、だあれも間に入らないのが、イスラム

 

私とあなただけ。

 

自分で考え、

自分で判断し、

自分で行動するのが、イスラム

 

だから私は、イスラムで、こんなにも自由でいられるのです。

 

このポイントは、「私が個人的に感じるイスラムの魅力3つ」としてプレゼンテーションでも発表しました。

 

「私が個人的に感じるイスラムの魅力」①懐が広い

ここで、スカーフのバラエティーを見てください。

 

「私が個人的に感じるイスラムの魅力」②ダイレクト

祈る者と祈りの対象が、ダイレクトで、何も間に介在しない。

 

「私が個人的に感じるイスラムの魅力」③カッコいい

 

これは次回、読んでください。

「死を想え」残りの人生、気合い入れ直して生きよう。かさこ塾レポート

1か月計4回参加した「かさこ塾」について、書かねばならないだろう。

 

私の周りの人は知らないだろうから。

かさこ?って思いますよね。

私も思いました。

いや、あやしいでしょ。胡散臭いでしょ。宗教?なんたらセミナー?近づくべからず?

けれども、かさこ氏のブログを読んで、また、かさこ塾卒業生のブログを読んで、気になって。惹かれて。

 

そして参加して、2日前に最終回終了。

 

いまだ興奮冷めやらず。

自分の価値判断を信じて、参加して、よかった。

本当に、よかった。

 

かさこ塾。簡単に言うと、「好きなことを仕事にできたらいいんだけどなあ〜」と思っている大人のための塾です。

 

好きを仕事にする大人塾かさこ塾 – 好きを仕事にするためのセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾


全部教えてもらいました、好きな事で生きていく術。

精神論や理想論でなく、具体的に。

懇切丁寧に一つづつ、どんなレベルの人にも分かりやすく。

毎回宿題が出ます。全4回の講義なので、こなすべき課題が3つ出ることになります。

  • ブログを始める。
  • 肩書き、キャッチコピー、活動名を決める。
  • 詳細な経歴書
  • プロフィール
  • 名刺
  • 自分について自由プレゼンテーション


初回の宿題、肩書きのアドバイスをいただいた時点で、はっきりと「元は取れた」と思えました。

やってみたいことがある。けれどどうしていいかわからないし、踏み出すことがいいのかどうかもわからない。自分がやりたい事をハッキリと認識させられ、しかも具体的に肩書きを与えられ、もう後戻りできない所まで連れて来られました。

 

壁越えちゃった。

 

そうしたら壁の向こう側の世界が見えてしまった。今までうすうす想像はしていたけれど、見なくても平気、何の不自由もないし〜、と思っていた世界。

宿題を重ねるにつれ、新しい世界でフワフワしていたのが、地に足がついてくる。

そして最終回のプレゼンテーション。


山ほどのコメントをいただく。

新しい世界でまだ足がすくんでいたけれど、そこには仲間がいました。いっぱい!

大丈夫。行けるよ。それでいいよ、と応援してくれる。

また、こうすればいいよ、とアドバイスもくれる。


頑張ろうとしている仲間を認めて、賞賛と声援を送り応援する。なぜなら気合い入れて生きようとしている人が好きだから。

イスラムになって、私には世界中に10億の兄弟姉妹ができた。
かさこに入って、日本中に1400人の仲間ができた。

かさこさんの言葉。

「才能とは持続する情熱」

持続が難しい。情熱を持ちつつけるのが難しい。だって壁の内側にいたって、そんなには不自由ないのだし。

 

そこでもう一つの言葉

 

「死を想え」

 

ああ、結局ここなんだなあ。いつも死を想えているかどうか。

イスラムでもいやという程言われること。

死ぬ準備をしなさい。

死んだ後のことを考えなさい。

もらった命を精一杯全うしなさい。神の代理として、みんなのために。

 

なんだか、ご大層なブログになりましたが、すっごく楽しい講習会です。

気になったら、行ってみて!

 

f:id:rahmaway:20180208232826j:plain