ムスリムのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)から、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないブログです。

私がどうしてイスラムを選んだか(1)イスラムの最強の敵となる The reason why I became a muslim (1) Became the worst enemy to Islam

感じやすい子供だった。多分。

 

3歳か4歳ぐらい。いつも良く、ありたいと思っていた。

 

お寺の法事なんかでお坊さんの話を聞いて、退屈がるどころか、涙して、大人を驚かせた。変わった子供だった。

 

十代の頃は、宗教に興味を持った。日本人は宗教に寛容で、一人が複数の異なる宗教の信徒になっていることは、珍しくない。

 

「宗教なんでも事典」なんかをよく読んだ。

 

どの宗教もそれぞれに面白く、好きだった。けれどもどれか一つは選べなかった。

 

その時はイスラムなど頭の片隅にもなかった。その頃そうしたHow to本はイスラムをカバーさえしていなかった。それも一つの理由。

 

演劇学校へ行った。

 

実家、家族から離れ、自由を謳歌した。

その頃、宗教は、弱い人間の思い込みに過ぎないと考えるようになった。私は弱くない、だから宗教は必要ない。私は羽がついたように自由だ、と思った。

 

やがてイギリスに行った。英語学校で様々な国の学生に出会った。彼らから宗教について聞くのが好きだった。みんな自分の宗教があり、時々クラスで論争があったり、面白かった。「宗教と政治についてクラスで話すのはやめましょう」となだめるキャサリン先生からすると、私は迷惑だっただろう。なにせすぐあおる。その頃初めて、アラブ人に出会った。渡英直前、ある本を読んだ。それは「アラブ人を見たら泥棒と思え!」と言っていた。今考えてみたらとんでもない本だ。私は思った「これが、アラブ人かあ。」それで彼らに戦いを挑むことにした。彼らに、イスラムについて議論をふっかけた。いかにそれが時代錯誤、不正義、不平等な、いけない教えであるかを指摘していった。私は強かった。とても強かった。誰も私を負かすことはできなかった。私はイスラムの最強の敵となった。

 

よく、「竹を縦に割ったような性格」だと言われる。イエスかノーか。黒か白か、はっきりせい!つまり無宗教であるには、あらゆる教えを否定できなければならなかった。

 

I was a naive girl, probably.

 

I was only 3 or 4.  I was aways thinking to be good.  I was such a child.

 

When I listened  to talks from monks or other religious teachers, I never got bored but sometimes sheded tears.  The adults got impressed with this bit strange child.

 

I was then interested in religion in my teen ages.

 

We have many cult religions in Japan and strangely enough a person becomes a believer of several cults, sometimes buddhism sometimes shintoism and sometimes christian and sometimes mixture of everything.

 

I enjoyed reading some books which explain about those beliefs.

 

I liked all beliefs, but I couldn't chose one.

 

At that time Islam didn't come to my mind at all.  Even those books didn't cover Islam.  That was the reason I didn't even think about it.

 

After high school, I went to an acting school.

 

Far away from home, I enjoyed freedom.  Then I learned religion is an illusion for weak persons.  I totally agreed.  I was free as if I have wings.

 

Later I had a chance to stay in England.  In the language center, I met students from all over the world and I enjoyed hearing about their religions.   Every students have their own religon and they sometimes even argue about it.  I enjoyed it.  My favourite teacher Cahterline often said "let's not to talk about politics and religon in the class".  I must have been a trouble maker because I was often the one who started it.  That was the first time in my life I met Arabs.  I was very curious abut them because I read a book just before traveling to UK saying "consider all Arabs are thieves!" (what a horrible book!).  I thought "Ah this is Arab!" so I decided to give battles to them.  I asked many questions about Islam.  I pointed out how cruel, unfair and anachronistic religion Islam is.  I was strong, very strong.  No one could defeat me.  I was the worst enemy to Islam in the school.  Pity on the brothers (do you remember me?).  But no one could convince me at all.

 

My character is as if you cut something straightly into half, meaning yes or no, or black or white.  I can't help always being very straight forward.  That means once I accept freethinking, I must reject all kinds of religions, totally all.

 

f:id:rahmaway:20170521224835j:plain