ここじゃなくてもいいんだ。行こう。

体に良いこと、頭に良いこと、心に良いこと、そしてイスラムと。夢blog

私がどうしてイスラムを選んだか(2)自分の信心に気づく The reason why I became a muslim (2) Realize my belief

あらゆる宗教を否定して

 

全ての宗教を否定し始めた。宗教者を軽蔑した。

「なんてかわいそうな人達」いや、むしろ「なんと愚かなんだろう」そう思っていた。

特に修道女や修道士が嫌いだった。私の目には、たんに自分自身に自信が持てない弱い愚かな人々と映った。本当じゃない何かを信じて、結婚もせず、子も持たず、好きな服も着ず、やりたいこともやらず、大事な人生を幻想のために費やしていると。

 

再びアラブ人との出会い

 

日本語教師として働き始めた。

 

勤め先の学校で、また、アラブ人に出会った。イギリスであったアラブ人同様、彼らは「宗教っぽさ」からは程遠い、全く普通の人々だった。日本での生活を楽しみ、新しい食べ物を、新しい友人関係を楽しんでいた。同時に強い決して揺るがない信仰を持っていた。とてもユニークで、宗教を持つどんな人とも違っていた。俗世界と精神世界が共存している感じがした。

 

彼らとの会話の中で、質問をされた。「日本人は何を信仰するのか?」私は答えた。「だいたい仏教神道両方を信じている。日本人は心が広いの。」彼らは顔を見合わせ不思議がった。同時に二つを信じるということがおかしいと言った。また仏像に祈るのはおかしいとも言った。「仏像は人形のようなもので、何にもできないじゃないか。」私は日本人を擁護し始めた。「バカにしないで。私たちは仏像自体は何もしてくれないと知っている。私たちは仏像の後ろにある目に見えない何かに祈っているの。もっともっと深い物があるのよ。」その時、私は確実に自分が「何か」を信じていると認めることになった。

 

自分の信心に気づく

 

「いわゆる宗教」が嫌いだった。なぜなら宗教こそが世界中の諸問題の原因だと思っていた。そこの衝突も、あそこの戦争も。しかし宗教施設に行くのは、昔から大好きだった。教会、寺院、神社、墓場といった祈りの場所。そうした場所にはいつも静謐な空気が流れていて、人々を、自らに誠実になり、純粋な心で何かに向き合わせる力を持っていると感じていた。外を走り回っている子供ですら、ひとたび中に入ると神妙になる。そうした雰囲気がとても、好きだった。祈りではなく、観光目的の訪問かも知れない。それでも何かに向き合う心は、本物だ。そう感じていた。

 

日本では新年に初詣に行く。神社は毎年超満員になる。老いも若きも神社に行き、祈る。若者は言うかも知れない。「元旦は他に行くところもないし、、とりあえずね。」しかし神社で神前に立ち、手を合わせ、こうべを垂れ、目を閉じる。その時間は人によって長いかも知れないし、短いかも知れない。しかし時間の長短に関わらず、その祈りのある瞬間はまぎれもない真実の瞬間で、美しく、甘く、幸福で、崇高そして聖なるひと時であるのは間違いないと思った。不安の表情がいっとき平安に変わる。しかし残念なことにその直後その表情は再び哀しみを帯びた不安の表情へと変わる。なぜなら自分が何に祈っているのかわかっていないのだから。私たちは無条件に祈る、という行為をしばしば行う。試験の最中で、ひどく揺れる飛行機中で、もしも大海の真ん中に一人投げ出されたとしたら、祈るでしょう「助けて!」一体、だ・れ・に、助けを求めているの?それでもまだ何も信じていないと言える?私は自分に向けて問うていた。

 

自分自身を騙すのはやめよう!我々を超越する存在が真実であると知ったのなら、何をしなければならないか。私は、それが何なのか知りたくて知りたくて、はっきりしたくてたまらなっていた。

 

 

Denial of all religions


I started to deny all religions.  I looked down the people who are in religious positions.


"How pity they are!" Or rather "How silly they are!" I was thinking   


I specially detested  nuns and monks because for my eyes they look to be just weak foolish people, believing in something untrue, not marrying, not having children, not wearing what they want, not doing what they want but spend all their precious life for some kind of illusion.


Met Arabs again


I worked as Japanese language teacher.  

 

 


In my school I met some Arabs again.  Like Arabs in the language school in UK, they were also very ordinary people, far from "religious".   They were enjoying life in Japan, enjoying the food, new friends in Japan but they had strong unswerving belief to their religion.  They were very unique and different from any other people with religion.  They were living in secular and spiritual life.


In the discussion with them, I was asked one question, "What do Japanese people believe in?"  I answered, "We mostly believe in Buddhism and at the same time Shintoism." They said its strange to believe in two things.  They also said its strange to pray to Bhuddah statue.  I started to defend Japanese people.  I said "Don't make a fool out of us!  We don't believe in the statue but we believe in the existence behind the statue."  It was the moment I admitted I have some kind of belief.


Realizing my belief 

 


I didn't like what so called "religion" because religion seemed to be the source of troubles in the world.  However I liked visiting religious places such as churches, temples and shrines, places for prayer.  The places are always tranquil and serene.  The places have power to make all the people in the place become honest to themselves and face to "something" with pure heart.  Even kids running outside become quiet once they enter the place.  I liked the atmosphere, very much.  Those people may visit such places not to pray but just for sightseeing but the heart facing to something is true.  I was feeling in the way.


In Japan most people visit shrines in New Year's Day.  Shrines become very crowded every year.  Young ones to old ones visit shrines, and pray.  Young people may say, "Well there's no other places to go in New Year's Day so we just go!"  Yet I could see their sincere faces standing in front of the god of each shrine, putting the palms of hands together and closing their eyes. Someone close their eyes and pray long but someone do so for very short time.  No matter how long or short it is, the very moment is the moment of truth, which is beautiful, sweet, happy, sublime and holy.  Their faces change from anxiety to peace.  But unfortunately shortly after I see their faces change back again to uncertainty because they don't know to what they are praying.

We often make such act of prayer.  In the middle of exam or inside severely shaking airplane or if you are put in the middle of the ocean alone.  You will say "please help!", then to whom you are asking for help?  Do you still say you believe in nothing?  Stop deceiving yourself!  I was asking all such questions to myself.


Once I knew the reality of the super existence, all what I had to do was to find who it is. 

I was eager, very eager to know who it is.

 

f:id:rahmaway:20170523144450j:plain