イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」観てきた

みんなみんなが勧める。この映画。

 

公開して随分経つと思われる、12月の平日真っ昼間。当然一列に数人のガラガラの静かな映画館を期待していたら、まあ結構な入り。

 

映画終わって思ったのは、

 

次いつ行こ。

 

クィーン?ああ、ってぼんやり知っている程度。

 

見終わった途端カフェで、ググったググった。何もんなんだ?

 

なあんでの話をしてるんだ、と自分に突っ込む。

 

そしてわかった、もう一回観たいというより、もう一回聴きたいんだ、あの音楽を。

 

もう一回ウェンブリーの観客になりたいんだな。

 

昔の世紀の試合とか、有名人の一世一代の舞台とか見た人が、懐かしげに誇らしげに語ることがある。けれども次の世代は絶対見ることができない。普通はね。それを観ることができるのがこの映画。

 

他にも、主人公も含め4人の才能がハーモニーを織りなす魅力とか、またそれを演じる役者、とか色々あるが、語れば陳腐になりそうで勿体無い。

 

私のようにクィーンファンでもない人間が観て、2回目に行く。同様に勿論ファンも。その噂を聞いてまた他の人が行く。またその人が2回目に行く。これはもう上映期間も延びるでしょう。

 

すっごい映画作ったもんだ。

 

まだ観てない?

 

私は行くよ、2回目。

 

f:id:rahmaway:20181205173319j:plain

f:id:rahmaway:20181205173319j:plain

 

ルノルマンカードのモニターしていただきました。

Yumiko Okabeさん主催「サウスフェス」。ご自身のシェアルーム、渋谷南平台のサウスフラットシェアで定期開催しているイベントの初回に行きました。

 

目的は、iphone写真家 砂田節子さんに写真の撮り方を教えてもらうこと。

 

そして、そこでたまたまキャンセルが出たルノルマンカード体験しました。

 

元々スピリチャル系に疎いので、聞いたこともないカードでした。

 

可愛いカードでした、恐ろしげじゃなく。

 

そしてみていただいたのが、さらに可愛いTomokoさん。この方大人ロリータファッションアドバイザーなのです。

 

tontonmokomoko.blog.fc2.com

 

カードもロリータも、新しいことに出会えるきっかけになったのが、かさこ塾

 

色々な世界があるのですねえ。世界が広がっていきます。

初めてのヒプノセラピー レポートっと言うほどではありませんが。

かさこ塾同期の、Mariko Kono Moriさんのヒプノセラピーを受けたレポートです。

 

今回ブログ書くのにも、ヒブノ?ヒプノ?ってググっちゃったぐらいに未知の世界でした。

 

催眠療法で潜在意識を解放していくそうです。

 

興味、ありますよね?

 

特にさんざん催眠術特番見てきた私たち世代は。

 

だけど、ああいう風にはならないんですって。つまり

意識がなくなって、自分が何やってるかわからなくなるとか、自分の意図に反して変なことやるとか。

 

催眠状態になると、身も心もリラックスして、むしろ意識が鮮明になるとか。

 

とにかく不思議体験でした。

うまく催眠状態に入っていないような。意識は明確ですから。けれどもMarikoさん曰く「上手でしたよ。」

 

それを聞いて、ちょっとホッとしました。モニターで受けさせていただいたので、ちゃんとやんなくちゃ、と思って。

 

ぼや〜と何か、見たような、聞いたような。。。

 

そんな印象でした。とてもリラックスした、特別な時間でした。

 

東京ヒジャーブ オンラインショップオープンしました。

ほんとはね、

ちゃんといつも開いている、ヒジャーブ・ブティックを持つ

実際に見に来て、買ってもらう

というのが、夢であり理想なのですが、一言で東京と言ってもそれなりに広い。

はたまた近いからって、いつでも行けるものではない。

色々ありますよね、仕事、勉強、夫、子供、介護。。。

 

忙しくてなかなか行けないという声に押されて、ついにオンライン販売始めました。

 

ぜひ覗いてください。

 

tokyohijab.thebase.in

 

もっと商品写真を上手に撮れるようになりたいですわ。

なぎなたをオススメする理由。全国1位だって夢じゃないわけ。

なぎなたご存知ですか?

 

オススメです。

なぎなた女子の、凛々しいことといったら。

武家の女子の護身術だった風情が残っていて、カッコいいったら。

ティーン女子の細腰に、袴がたまらん!

 

f:id:rahmaway:20180905152707j:plain

 

映画「あさひなぐ」がありましたね。

f:id:rahmaway:20180905152837p:plain

 

圧倒的に女子が多い、稀有な武道です。

 

  • 我が家の息子は、小学3年生の終わりに体験会に参加。
  • どハマり。
  • 3ヶ月後の初の大会で、東京都3位で賞状貰ってきました。

えっつ!でしょ?

 

小学校1〜3年生まで野球やっていたのですが、低学年なんて相手にされていないのですよ。試合にも出れないし。

野球に関わる(教えるという意味で)大人たちは、ほとんどが男。もう見ていても、イライラするくらいに気が利かないったら。低学年児童なんて、放ったらかし。

やっと試合に出られる4年生が目前だったのですがねえ。

 

それに比べなぎなたは、選手も、指導者も98%ぐらいが

 

先生も、キリッと優しいおばあちゃん達。

 

ちゃあんと、小さい子も、初めての子も、見てくれるのですね。

 

ほとんどつきっきりで、型を教えてくれる。

どんどん行けば、どんどん覚える型が増えていく。

また、長いなぎなたを振り回して、打ち合う打ち合う。

 

しかも、なぎなた会では、レアな男子

小さかったこともあって、もう、可愛がってもらっちゃって。

 

また、そこは女性の世界。おやつが飛びかっているらしく、毎回な〜んかお菓子貰って帰ってくるは、ジュース買ってもらうは。

もう、こんなにチヤホヤしていただいていいのかしら?

 

そして、しょっちゅう合同お稽古会や試合がある。

行くと、お菓子とお土産と、たまに賞状、トロフィー、入賞額を貰ってくる。

 

まとめますよお。

  • 絶対競技者が少ない。よって、
  • 試合に出るチャンスが多い。
  • 東京一、日本一も可能性おおあり。(これで息子高校推薦ゲット!)
  • 女性社会のな〜んか、あったかい雰囲気がある。
  • 戦いの要素もしっかりある。
  • 人々が振り返るぐらい長い物持ち歩いて、注目浴びれる。
  • 女子は凛々しく、男子はカッコいい。

 

最近は、大人男子も増えてきて、男性によっては、女性的な社会の方が居心地がいい人もいるのでしょうねえ。すごくいいと思う。

 

ムスリム女子もヒジャーブして、できると思うよ!

 

さあ、美しく!勇ましく!

 

f:id:rahmaway:20180905154441j:plain

乃木坂のなぎなただそうです。

 

 

 

飛行機中で見た映画映画映画。やっぱ映画好きだ。

今回のマレーシアの旅。

 

利用したシンガポール航空の中で見た、映画の感想です。

 

最近の飛行機ったら、映画やドラマありすぎ!

 

今回3本見ました。

 

f:id:rahmaway:20180904165625j:plain

まずは、いいと聞いていたグレイテスト・ショーマン

今更ですよね。

間違いなく、素敵でした。

大好きな昔のミュージカルっぽい。

私的には、「ラ・ラ・ランド」より好き。登場人物に、特に主人公家族に感情移入できる。帰りの便でもう一回見ようかと思ったぐらい、好き好き好き。

 

f:id:rahmaway:20180904165631j:plain

タリーと私の秘密の時間

圧巻。何が?って主人公の女優さんの脱ぎっぷり。

いえ、そういう脱ぎっぷりじゃなくて、よくもここまで見苦しい妊婦の身体を見せてくれたなと。その勇気に拍手。もう二人目産んで崩れた身体は自分見てるようで。。。下の子にジュースこぼされてTシャツ脱いだ母親に、娘が「What's wrong with your body?どうしたん?その身体?」って酷いわあ〜。いや〜子供を産むとか、育てるとか、ほんと大変。出産前妊婦を持つ夫の必修映画ですね。

 

f:id:rahmaway:20180904165709j:plain

 

そして楽しんでしまったのが、「デス・ウィッシュ」

懐かしのアクションスター、ブルース・ウィルスが年取っていい感じ。

幸せを絵に描いたように、外科医とその家族。家族が事件に巻き込まれたことがきっかけで、自衛と復讐のために拳銃を持ち、悪人を斬っていく物語。

この映画で感じたのは、アメリカ怖い!警察なんか当てにならない。家族を守るために自分が戦う、と言って銃を取るアメリカ人が怖いような、理解してしまうような。まあ大変な社会だなあと。とはいえ映画ですからね、大袈裟に描かれているのだろうけど。B級だとかの批評あるけど、面白かったですよ。

 

久々に見倒しました。

 

また、映画館行きたくなったなあ。

「東京ヒジャーブ」通販始めようかな〜、と考え中です。

今週末9日の日曜日チャイ会にて「東京ヒジャーブ」販売会開催します。

 

ブログで上げていると、既に、待てないというお客様数名にお買い求めいただいています。

 

ブログを見て、送ってほしいという方から、メッセージもいただきました。

 

本当に、本当は、来て、見て、買っていただきたいの。

 

購入していただいた方々も「やっぱり見てみないと、着けてみないとわからないものねえ〜」との感想です。

 

通販しません!と言い切りたいものの、ヒジャーブ入手先が限られる日本でのこと、それも申し訳ないかなあ〜と思っています。

 

とりあえず、メルカリに出してみようかな、と思っています。

 

けれど、出張にも行くから、実物見てえ!という気持ちです。

 

f:id:rahmaway:20180904162706j:plain

f:id:rahmaway:20180904162722j:plain

f:id:rahmaway:20180904162737j:plain

f:id:rahmaway:20180904162750j:plain

f:id:rahmaway:20180904162758j:plain