イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

運動会の練習っている?

どうしてこんなにしっかり練習する?運動会。


小学生ならわかる。


中高生に練習っているのか?


予行演習丸一日やって、翌日本番って。


一体誰のために、何のために。


それまでにも練習していただろ。


本番でちょっとぐらいガタガタしていてもいいと思うがなあ。


同様に卒業式。


偏差値高い学校ほど、そんな無駄していない気がする。


無駄だなあ。


f:id:rahmaway:20180618121712j:plain

グランド砂で埃っぽい



インドネシア学校のラマダンイベントは、ほのぼのとした雰囲気で、よろしいと思います。

インドネシアムスリム協会主催の「イスラム文化交流会」に行きました。

 

場所は、目黒のインドネシア学校。

 

そこは、インドネシア

 

f:id:rahmaway:20180603102304j:plain

 

伝統文化披露あり、

 

f:id:rahmaway:20180603094245j:plain

ブンチャックシラット(インドネシア伝統武術)

f:id:rahmaway:20180603094216j:plain

f:id:rahmaway:20180603094145j:plain

かわいい、足の上がりがイマイチなところが

 

講演会あり、

そして勿論インドネシア料理。

f:id:rahmaway:20180603094037j:plain

イフタール(断食明け)は謎の甘くて冷たい美味しい飲み物。

f:id:rahmaway:20180603093906j:plain

f:id:rahmaway:20180603094013j:plain

バナナの皮がいい

トルコ料理やシリア料理もありましたが、並んでいる間になくなった。でもインドネシア料理美味しかったです。

 

f:id:rahmaway:20180603093838j:plain

デザートはピンクの謎の飲み物。やっぱり色々と入っているのです。

 

本日のスピーカーの一人、モデルのアウファさんと写真を撮ってもらい、

f:id:rahmaway:20180603094113j:plain

 

男女ごちゃごちゃ入り乱れているのが、インドネシアのイベント。場所の問題もあるだろうが、あんまり気にしない感じ。

 

夏祭りのような楽しいイベントでした。

f:id:rahmaway:20180603093809j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラマダン17日目 運動会だ!断食中学生はどこまでやれるのか?

非情にも、ここ数年運動会がきっちりラマダンに被ります。

 

5月、6月の運動会、結構暑いんですよ。

 

今日も、絶好の運動会日和。

朝から、日差しも強く、風もなく。

ふふふ。

 

親はハラハラしながら、しかしどこか他人事で(私だけか)見ております。

 

学校の校庭って、日陰、ないですよね。

 

テントはあっても数セット。

それは、来賓や敬老席。

 

あっつい炎天下、校庭に椅子並べて、最初から最後まで校庭に座っていないといけないのです。

 

そこで、午後の一番暑い時に行われる、「全校大縄跳び」

 

ジリジリと陽射しが照りつける中、ジリジリと進行されます。

 

全校だから、全生徒、出張ってるのです。なんというか「はい、跳びました、終わり」とはいかない長〜くかかる競技なのですな。

 

息子の中学には、現在ムスリムイスラム信者)の子供、合計4人います。

 

そのムスリム中学生(断食中)4人が跳びます。

  

「大縄跳び、1年」などとアナウンス。

 

「い〜ち、にい、さ〜ん、しい、、、」と跳びます。

 

この大縄跳び、運動会前からクラスで朝練するほど熱が入っています。(学校がうまく仕向ける。この機会に、クラスの団結とかなんとか狙ってるんだろうな。)

 

競うのは、合計回数と、続けて跳べた数。

 

縄が引っかかる。あの辺体重重そうだもんな。

 

引っかかった。また最初から。

  

「い〜ち、にい、さ〜ん、しい、、、」引っかかった。

はい「い〜ち、にい、さ〜ん、しい、、、」引っかかった。

もっかい「い〜ち、にい、さ〜ん、しい、、、」引っかかった。

と延々と続く。

 

「残り時間あと3分!」などとアナウンスされても、諦めない。

 

「残り時間あと1分!」まだまだいきます。

「残り時間あと30秒!」えっ!嘘!なぜ跳ぶ。

「残り時間あと10秒!」(°_°  言葉ありません)

「3、2、1終了❗️」と見事「最後までやり抜く子」という期待に応えるのです。

教育の成果。

 

残り時間がないからって「意味ないからやめよーぜ」って言うのも大人気ない、という中学生のもっともな判断でしょうね、1年に1回のことだし。

 

それが、たまったまラマダンなだけで。

 

学校は、ムスリム中学生は日差しを避けるために、特別にテントの下に座っていいことにしてくれていた。

 

去年行ってみたら、敬老テントの下で、つまり全競技一番見えるところで、もう一人のムスリムの子と、ゆ〜ゆ〜と座っていました。

そんな配慮がなかった時代に同じ中学に通った長男は憤って言います。「やつらを甘やかすな!」

今年はテントが増え、全生徒がテントに入れるようになり、この特等席措置はなくなりました。

 

この公立中学は、モスクから1分とかからない場所にあるため、毎年順繰りにムスリムの子が入学する、ムスリム人気中学なのです。

 

学校は色々と配慮してくれます。

  • お昼休みに、モスクに礼拝に行ける
  • 女子はヒジャーブや長いスカート
  • 体育の服装も短パンでなく長いズボンにヒジャーブ
  • プールに入らない子への、特別措置

など。

 

ありがたいことです。

 

今日もまた、日本は一応平和です。

 

f:id:rahmaway:20180602080421j:plain

ある日のサフール1(ラマダン中の朝食:人参スープ作ってみた)

 

f:id:rahmaway:20180602080449j:plain

バナナケーキ(目玉恐怖症ケーキと言われた)

 

f:id:rahmaway:20180602080522j:plain

モスクで。たまにナンも出ます。

 

f:id:rahmaway:20180602080622j:plain

息子がもらった鶏の丸焼き

 

f:id:rahmaway:20180602080716j:plain

デーツケーキ1

 

f:id:rahmaway:20180602080916j:plain

デーツケーキ2

 

f:id:rahmaway:20180602081040j:plain

ある日のサフール(ブロッコリーのスープ)

「東京ヒジャーブ」シリア支援パーティーに参加。やっぱりみんな、かわいいが好き❤️

シリア支援チャリティー・イフタールパーティーに参加してきました。

 

www.facebook.com

 

どんなだったかと言うと、

 

はい、シリア人いっぱい。

 

f:id:rahmaway:20180601033817j:plain

こんなにいるんだ。シリア人。

 

そしてパーティーを楽しみに来た方々と。

f:id:rahmaway:20180601033743j:plain

f:id:rahmaway:20180601033759j:plain

f:id:rahmaway:20180601033833j:plain


シリアのお話を聞いたり、ビデオを見たり。


なつかしい。

 

そしてシリアのお弁当をいただきました。

f:id:rahmaway:20180601033944j:plain

 

シリア料理って本当に美味しんですよ。

 

アラブ世界の中でも、シリア料理は有名。

何人ものアラブ人から、「料理、お菓子はシリア」と聞いただけある。(それと美女も。アラブの富豪はシリアから奥さんもらったりする。)

 

友人や元生徒のシリア人達は、それぞれサウジアラビア、ドバイ、スウェーデンノルウェーに散っている。

 

昨年、青年海外協力隊シリア派遣隊のOV会が発足。少しづつ元ボランティアとしての協力が始まっている。私も日本に難民として来たばかりのシリア人に会ったりする。

 

アラブ諸国や欧米に比べ、日本語という壁がある分大変だろうなあ、と思う。

 

あの懐かしい、美しいシリアに帰りたい。

 

たった3年住んだだけの私ですら思うのだから、この会場にいるシリア人一人一人の胸の内は、想像に難くない。

 

この日は、ミニバザーも。

f:id:rahmaway:20180601063256j:plain

f:id:rahmaway:20180601034048j:plain

f:id:rahmaway:20180601034107j:plainf:id:rahmaway:20180601034027j:plainf:id:rahmaway:20180601034123j:plain

 

そして私は、ヒジャーブ販売。

f:id:rahmaway:20180601033855j:plain

お花柄から売れていく。やっぱり乙女。

 

ムスリムイスラム信者)ではない日本の方も数名お買い上げ。

かわいいもの、美しいものに心が動こされるのは、みんな同じ。

旅行先でイスラム寺院に入る時などに、便利だそうです。

f:id:rahmaway:20180601033925j:plain

 

急遽テーブルを追加するほどの賑わい。

忙しかったけど、楽しかった。

けれど、切なさを感じたのは私だけ?


お手伝いイベントはこれが最後。

 

ラマダン後半。さあ気を引き締めてがんばろー!

日本ムスリム協会の女性限定イフタールに参加。神はマクロな存在だった。

今日は日本ムスリム協会の女性限定のイフタールに参加。

www.facebook.com

 

まずはナビーラ先生のお話。

 

事実を知的に淡々と伝えるナビーラさん。

盛っているのでもなんでもなく、事実としてイスラムがある、という立場から絶対的知識に基づいたお話が、すごくいい。

聞けば頭いい人だってすぐわかる。

 

いい話はいっぱいあったけど、合点がいったのが、シリアやパレスチナや、世界中で災害や災難にあってしまっている人々に対するドゥア(祈願)について。日本語で言う、「〜になりますように」っていうお願いですね。

 

どうして、一部地域で災害、災難、戦争が起きているのか?

 

それに対して神は、ムスリム(イスラム信者)が十分に祈願しているムスリム共同体は滅ぼさない、と約束されている。

災害や戦争があるということは、その地域のムスリムの祈願が十分ではない。だから罰が下った。

では、その地域の人々が悪いから?

その地域だけをミクロで見るのは狭量。

もっとアングルをずっと引いてみると、その特定のエリアだけでなく、もっと広いエリア。地球全体が問題のエリアかも。

つまり私自身の祈願、私の隣のあなたの祈願が十分でないのが、例えばシリアで起きていることの原因かも。

だから、シリアのためにドゥアする時、まず自分自身の赦しを乞うべき。

そしてシリアのために祈る。

 

言いかえれば、世界で起きていることは全て自分の祈願が十分でないから。

対岸の火事ではなく、私が当事者。

 

だからまず、自分を正す。

謙虚に赦しを乞う。

それからお願いをする。

 

預言者スレイマンも同様に祈っている。

言った。「主よ、わたしを御赦し下さい。そして後世の誰も持ち得ない程の王国をわたしに御与え下さい。本当にあなたは豊かに与えられる方です。」

クルアーン:38章35節

 

わかっていたつもりでも、神が、全宇宙を掌握する大きな存在であることを忘れていた。その宇宙の中のちっぽけな人間が、小さなエリアでガチャガチャ言って暮らしている。そんなことを思い出させてもらったいいお話でした。

 

この日のイフタールは、日本人が9割以上。ムスリムもそうでない方も混じって、牛丼やケーキをいただきました。

 

f:id:rahmaway:20180530091524j:plain

 

f:id:rahmaway:20180530091602j:plain

 

f:id:rahmaway:20180530091701j:plain

 

f:id:rahmaway:20180530091733j:plain

 

f:id:rahmaway:20180530092134j:plain

お土産付き

 

 

 

f:id:rahmaway:20180530092008j:plain

ラマダンクイズで勝ち取ったぞー!

 

東京ヒジャーブ、シリア支援パーティーに出展します。

ラマダンもいよいよ半分。

 

ラマダンが終わると、イードというお祭りがあります。

 

特別の集団礼拝があり、その後ムスリム達(イスラム信者)は友人や家族で祝います。

 

このイードの日には、老若男女着飾るのが良いとされているので、その日モスク周辺では様々な民族衣装が見られるのです。


しかも今年は、きっちり週末。


いや〜凄いことになりそうだなあ。

 

ということで、ムスリムの皆様、イードの晴れ着の準備は揃っていますか?

 

5月31日、「シリア支援チャリティーイフタールパーティー」に、東京ヒジャーブ出展します。

 

売り上げの一部は、シリアの孤児支援に寄付されます。

 

31日は、シリア料理を食べて、エスニックバザーを楽しんで、ヒジャーブを買っていってください。

 

お待ちしています。


f:id:rahmaway:20180529144109p:plain


f:id:rahmaway:20180529144247j:plain

イスラムのインターナショナルスクールってこんなところ

インターナショナルスクール増えましたね。

 

イスラム信者子弟のためのスクールもわずかですが、あります。

 

私がバイトしている学校ですが、すごくいい。

 

先生がいいです。

 

校長先生はシリア人。

 

とにかく優しい。子供を全面的に愛している人。そしてとても謙虚。

「あの子はとても頭がいいから〜」などと私が言うとすぐさま、「(あの子ではなく)子供はみんな頭がいいよ」とやんわりと主張される。子供はすべからく完璧だと信じている。絶対に怒らない。声を荒立てない。その態度は子供に対してだけでなく、スタッフ全てに対しても同じ。

 

校長先生とともにクラスと学校運営を取り仕切っているのがパキスタン人の女性。

 

こんなパキスタン女性に会ったことがなかった。

とにかくアクティブ、前に出る、男性の前に立つ、仕切る。8人兄弟の長女で、実質家にいない親に代わって兄弟を「教育」してきた経歴が生きていて、まとめるのも拾うのも、うまい。規律正しくまとめ上げるかと思えば、一人一人に細やかに向き合い、この先生の前では生徒も背筋がピッと伸びるし、また先生が大好き。

 

学校では、英語を中心に、日本語、アラビア語を勉強する。

イスラムも勿論。

従来の暗記に重きを置く教育に胃を唱え、クルアーンの教育法も校長先生は変えてしまった。

 

イスラムを愛し、誇りに思い、地域社会に融合しながら広く世界のために活躍できる子を育てる。

 

そんな壮大な夢に向かっている学校の、PRでした。

 

www.iiso-edu.org

facebookは幼稚園の様子も含まれています。

www.facebook.com

 

 

学校主催のイフタールパーティーの写真です。 

 

f:id:rahmaway:20180528073459j:plain

和風のお弁当の中身は

 

f:id:rahmaway:20180528073610j:plain

パキスタン料理

 

f:id:rahmaway:20180528073643j:plain

デーツのお菓子



 

 

 

f:id:rahmaway:20180528073758j:plain

 

f:id:rahmaway:20180528073834j:plain


f:id:rahmaway:20180529142534j:plain