イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

家事が好きではありません。料理が好きではありません。

家事が好きではない、と結婚して10年もたった頃、気がついた。

 

料理。できますよ。

 

何だって、何となく、それらしいもの、レシピなんかなくったって作れます。

 

ただそれにかける時間が勿体無い、と感じるのです。

 

1時間もかけて、

15分ぐらいで食べて、

また30分ぐらいかけて片付ける。

これが毎日毎日、続く。

 

掃除もしかり。

 

片付ける、

散らかる(散らかされる)、

片付ける。

 

どうして私はできないのだろう。

 

隙あると、出かけたいと思う。

 

気持ちが外に向きすぎ?良く言うと。

家族にとっては良くないですね、きっと。

 

一人暮らしの時は、毎日同じメニューを嬉々として食べていた。

 

野菜いっぱいのがっつり系スープ。

玉ねぎ、

青い野菜、

茄子、

きのこ、

トマト、

肉があれば、肉少々。魚介があれば魚介少々。

鍋いっぱいに作って、あっためては食べ、あっためては食べを繰り返す。

No cooking!

お腹が空いたら、いつでも食べられる。

ご飯と食べたり、パンと食べたり、パスタと食べたり。

 

イギリス・ホームステイ先のメニューに心底憧れた。

それもお料理上手なバートンさん家の料理でなく、

その前に住んだ、シングルマザーのハランさんの家。

 

メニューは、

キャベツ、人参、グリーンピース、ジャガイモといった茹で野菜に、

チキン、

ラム、

ポーク、

魚が、毎日くるくると変わる。

ビーフはなかったような。

勿論ワンプレート。

デザートは市販のレーズンパイのようなもの。

 

イギリスの家庭料理が不評だった当時(今もでしょうか)、私だけは大満足。

日本に帰ったら私もこうしよう!

と強く思ったものです。

 

書くに従って、自分で自分の料理嫌いさが、すこ〜し恥ずかしくなってくる。

 

理想は、アジアの屋台。

 

4年住んだマレーシアでも、旅行で行った台湾、香港、タイでも、

外で働く女性は、屋台でお惣菜買ってくる。

 

いいなあ〜。

 

こういうの駄目なのかな〜。

 

お料理好きな人がお料理の仕事をし、ほかの人はほかの自分が好きな仕事をする。

 

日本のお惣菜がもう少し安くなるといいな。

 

f:id:rahmaway:20180202195821j:plain