イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

宗教臭いのは、嫌いなんです。イスラムに似合わない4つの言葉。

実は、できるだけ使いたくないのです、以下の言葉。

  1. 宗教
  2. 〜教
  3. 〜教徒


イスラムをやっていると、違うんだなあ、と感じるから。

宗教とイスラムのイメージが合致しないのです。

例えば、私が最近ハマってて、ここでもよく取り上げている「かさこ塾」。

好きを仕事にする大人塾かさこ塾 – 好きを仕事にするためのセルフブランディング&ブログ術を教えるかさこ塾

「これ、宗教なんじゃないの。宗教臭い。」って思った。

他には、「るってぃ君」という、プロ無職でブロガーで、色々多彩な、今グイグイ来てるすごい人。(その節はお世話になりました。お元気ですか?( ̄▽ ̄;)うふっ。いきなり低姿勢)この間も、スマホとパンツでアメリカ旅行したりした人。

これに群がる面々。。。

おっ!最近、宗教っぽくなってきたな、などと感じてしまう。いえいえ批判ではありません。それほど影響力強い、ザ・インフルエンサーなのです。

twitter.com

 

他にも色々あるけど。

 

人に心酔して、群がって、持ち上げて、なんでもかんでも、すごい、さすがと同調する。

やばくね?

 

フッ。。。

 

「お前が宗教やってんだろが!」って突っ込まないで!

いいんですよ、「信仰」は自由ですから。物を信仰しようと、人を信仰しようと、

 

ただイスラムは違う、ということ。

立派なイスラム教徒も勿論いっぱいいますが、私が最初に会ったのは、それはそれは、いい加減なヤツら。

軽いは、ふざけてるわ。要するに宗教臭さ一切なし、思いっきり俗っぽい。普通の日本人の方がはるかに、神々しく立派なのですよ。

けれども、それでも持っているイスラム。それがすごく、おもしろいと思った。興味が湧いた。だってどんなチャラさんと話しても、その行動の裏付けとして、

イスラムでこうだから、僕らこうするんだ。」とイスラムが登場する。

宗教の話をしてくれと言っているわけではないのに、色んなことの理由づけがイスラムなんだな。

元々そこに、普通の人に、イスラムがある。

 

なんか、いいと思ったのです。

教っていうイメージだと、なんだか狭くて。

イスラム教徒と言われると、「ええ、まあ、確かにそうなんですけどねえ。」となるのです。間違った単語みたいで、気持ち悪いのです、「宗教」。

ま、まあねえ、ジャンルとしては宗教なんでしょうけどねえ。

宗教やってる人って、やたら質素か、やたら身綺麗か、変な格好してるかじゃない?

 

(−_−;)

 

ごめんなさい、そうですよね、スカーフしてる方がもっと怪しいか。

でもね、スカーフとったら、すごいんだから。女性だけのパーティーとか、それはもう、とても言えないぐらい、ヒョーとか、ヒェーとかなんだから。

 

だから面白いんだな、イスラム


イスラムを信仰する人を、アラビア語ムスリムと言います。日本も含め、世界中、ムスリムという言葉が結構広まっています。だからここでは「ムスリム」使わせてくださいね。

 

f:id:rahmaway:20180216193531j:plain

トルコの普通のおっちゃん

 

f:id:rahmaway:20180216193645j:plain

こういう普通の人たちが、祈ったり、断食したりする、おもしろさ。