イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

数秘術を受けてみました。イスラムは占いダメなんじゃないの?

ちえぞーさんこと、鈴木千絵さんのお誕生日企画に当選して、無料鑑定を受けた話

 

chietech.hatenablog.com

 

数秘術とはなんぞやwikipediaから)

数秘術創始者は一般的にピタゴラスの定理で有名なピタゴラスと言われている。彼は「数秘術の父」として知られているが、その数千年前のギリシャ中国エジプトローマでも数秘術が使われていた事を示す証拠が存在している。当時は、許された者にのみ、口頭でその情報が伝えられていたようである。ピタゴラスの後、その思想はプラトンに引き継がれ、数学の発展と共に成熟していく。〜”とあります。

 

どうして応募してみようと思ったか

かさこ塾には占い系の方が大勢いらっしゃいます。ほんっといっぱい。

それまで、占いなんて勿論遠ざかっていたのです。

これだけ占いやスピリチャル系の方がいて、それを求める人がいて、需要と供給が成り立っている事実。大昔からあって、今の時代廃れていても良さそうなのに、私が子供の頃ハマった占星術や〜術の世界が、ずう〜っとある事実。興味が湧いてきた。というより単に壁が低くなっていた。それと私の中で、将来を占うフォーチュンテリングはごめんだけど、性格判断は統計の世界だと思っている。だいたいこういう人が多い、っていう。それに無料だし。

 

また、なんちゃらカードとかは、うん?な私だが、以前から、言葉の力、数字の力には、なんか興味があったのです。

 

鑑定者のちえぞーさんは、バリバリITウーマン。長年システムエンジニアで、サーファーで、数秘という方で、かっこいいのです。どっちかと言うと、スピリチャルとか占いに縁がなさそうに見えるタイプ。そして何より、かさこ塾初回授業で、となり同士に座った方というご縁でした。

 

 

そしで鑑定結果がこちら。

f:id:rahmaway:20180414150657p:plain

 

か〜んたんに書くと、

面白い、人を惹きつける。

本質は、地球や人への探究心と深い愛に満ちている。

考えることが好き。研究熱心。納得しないと進まない。

などが、ありました。

 

当たる当たらないの話をするべきなのでしょうね。

持論としては、性格鑑定は当然当たるはずなのです、統計だと思っているので。今回も、そうだなあ〜と思う節はたくさんありました。というか全面

 

同時に、家族の鑑定をして下さいました。

またもや一人一人、納得の結果です。目新しい、「えっつ!」という結果があった訳ではないの。ただ改めて、図のようなサークルで視覚化することで、結果を客観視できるのです。

言い換えると、家族に対して、

これこれこんな性質だとわかっている。

それなのに「なんでこうなんだ!」とイラつく。

「こうじゃダメだろ!」とダメ出しする。

 

それがこの日以来、

→「元々こういう人なんだからなあ〜」と一呼吸置ける様になった。

 

それって今まで、ずっとトライしてきて成し得なかったこと。

 

イスラムでも「怒ってはいけない」とはしょっちゅう言われること。だけど人間が出来ていない自分は、カリカリしてストレス貯めていた訳です。

それがこの日以来なくなった。本当に不思議なこと。かなりスッとなくなった。

 

数秘術の面白いと思ったところは、シンプルさ。分かり易さ。

1から9の数字に全てが落とし込まれます。私自身の鑑定結果を聞いている間に、大体の考え方がわかってきて、家族の結果になった時には、「一緒に」話ができるところ。現に、翌日それを家族に伝えた時には、またそれを理解した家人と一緒に話ができて、一緒に盛り上がることができた。

 

他の占いのことは、わからないけど、ちえぞーさんの数秘術に関しては、カウンセリングだと感じた。カウンセリングのツールとして、箱庭作ったり、木描かせたりしますよね。あれに通ずる気がします。

 

さて、結論。イスラムは占いダメなんじゃないの?

 

もし、あなたが、占い?鑑定?結果に振り回されそうな不安があるなら、

近づかないことですね。

 

 

今回も「転生輪廻」という言葉が出てきたところは、「はい!スル〜」(ごめんね、ちえぞーさん)。

 

家族や親子関係、その他の人間関係に行き詰まっているなら、オススメします。ちえぞーさん数秘術。もっと早く出会っていたら、家族関係の改善がもっと早かっただろうなあ、と思います。

 

とても楽しかったけど、たかだか数秘「術」

一つの「術」(すべ)として、ありがたく取り入れさせていただきました。

自分一人でしっかり生きていくために、アッラーとともに。