イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

イスラム女性がスポーツする場合。何をやる、何を着る。私はプールでウォーキング

ずっと細く長くバレエを続けてきた。かれこれうん十年。

 

日本でイスラムの女性がスポーツを楽しむとなると、場所を選ぶ。

 

その点、チャコット池袋店のスタジオは女性専用なので、気兼ねなくバレエが楽しめる。

www.chacott-jp.com

バレエは本当に体にいいと思っている。けれどもそれだけでなく芸術なのですね。

最近では、目的のないバレエにちょっと距離を感じてきていた。舞台に立つ訳でもなく、プロを目指す訳でもない。あまりに長年やっているので、大人のバレエクラスの参加者の、「ダメなのに勘違いしている」ぶりがなんだかな、という気持ちにもなっていた。言い換えると自分自身の「ダメさ」限界も、よおく見えている。舞台でも目的にすれば、燃えたのでしょうね。

 

ということで、チケットも切れたところで、他のことを始めたくなったのです。

 

気持ちいいこと。

 

そこで、以前から気になっていた、女性専用スポーツジムYWCA「ワオ!」

女性専用"YWCAフィットネスワオ" | 公益財団法人 東京YWCA

 

まず選んだのが、入会金のかからない「ディープウォーター・ウォーキング」

 

ここまで書くと、関心事は2つに分かれるはず。

一般の方:「ディープウォーター・ウォーキングって何やるの?」

ムスリムの皆さん:「何着てんの?」

 

そうなのです、女性同士でも体を見せないムスリムは、普通の水着は着ないのです。

 

そこで、フランスなどで一躍有名になったのが、ブルキニ

 

f:id:rahmaway:20180419213635j:plainf:id:rahmaway:20180419213727j:plain

 

な〜んでブルキニ禁止とか言うんでしょうねえ、フランスは。めんどくさい国やな。

 

私は、以前から着ているのを着ています。長袖、長スパッツ。

腰回りのひらひらスカートはないけど、まあいいでしょ。だってず〜っとプールに浸かってるし、そもそも周りはシニアの女性だけだし。

 

ここのジムは、プールに入る前に、メイク全落としが必須。その上に備え付けのボディーソープで体を洗わなくてはいけない。だからでしょうか、水が綺麗で、化粧品の匂いがほとんどしない。

 

 

プールでウォーキングや、運動はよくあると思うのですが、ここでは足がつくところでのウォームアップが済んだら、腕に浮き輪をつけて、足がつかない深いところへ行きます。そこで浮かびながらの運動に移ります。

 

クラス通して指示されるのが、インナーマッスルを使って、お腹を入れて体を真っ直ぐに立つこと。「バレエと一緒やん」と思いましたとも。

 

だけど16人のメンバーが色々動き、隣の2レーンでは泳いでいる人がいて、という環境にいると、水流が半端ない。体真っ直ぐはできますよ。でもそのまんま自分の意思に関係なく流されるのが、ごく普通でしょ。だって水流ってものがあるんだから。

f:id:rahmaway:20180419221614j:plain

 

だけど気がつくと、流されているのは新メンバーの私だけ。み〜んな普通に先生に向かって並んでる、ラジオ体操みたく。

私は、運動に一生懸命になっていると、「Oh!なんて遠くまできたの」と、あせあせと足をばたつかせて元の位置に戻る。これの繰り返し。平行に流されていくのはまだいいが、斜めにフ〜ラフラ傾くのは焦る。

「大丈夫ですよ!慣れてくると動かなくなりますから。」って先生!

今のところ考えられないんだけど。浮いてんねんから、流れるやろ。

 

けれど、継続はすごいね。シニアの皆様素晴らしい。

 

水は気持ちいいし、今のところ十分チャレンジングだし。

東京のスポーツ始めたいムスリマの皆さん。オススメよ。

 

ディープウォーターウォーキングがあまりに気持ちいいので、ちょっと書いてみました。

 

注:ムスリムとはイスラムを信仰する人のこと

  ムスリマは、その女性形