イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

ラマダンは、食べないから痩せるのか?それだけではないのです。

世界のイスラム人口ってご存知ですか?

世界の1/4とも1/3とも言われています。

 

さて、これだけの人間が来週から一斉に1ヶ月間断食します。

 

昼間断食すると、日が暮れてから夜寝るまで好きに飲食するので、かえって太ったりします。

 

けれども、昼間、命じられて断食するのです。

 

うっかり飲んだりしないように、ずう〜っと気をつけているのです。

 

今何時?とずう〜っと気にしているのです。

 

つまり、昼中それを命じた者を意識しています。

 

すると当然、その者の意に反した行動などできなくなります。

 

この1ヶ月間ムスリムイスラム信者)は、いい人になるのです。

 

そして、知り合いではなくてもムスリム同士会うと、目配せと共にそこはかとなく漂う雰囲気、

「おう、やってるか?」

「おう、そっちも頑張れよ!」といった空気が。

言い換えると同胞感

 

そして日が暮れると、モスクではラマダンだけの特別礼拝があります。

この特別の礼拝「タラウィーフ」を頑張ったり、たくさんコーランを読んだりという善行に勤しみ、この1ヶ月で過去の罪を帳消しにしてもらおうと企みます。

 

ラマダン月の間は、悪魔は

 

鎖に繋がれていて悪さができない、と言われています。

 

なので、この月独特の崇高感が漂います。

 

シリアにいた時もよくあったのが、

突然、バス代奢られる。

これは、ムスリムでない私の友人たちも結構体験しています。

 

と〜にかく、みんないいことしたくてウズウズしているのです。

 

f:id:rahmaway:20180510192645j:plain

 

各モスクで供される、断食明けお食事「イフタール会」に来てみて。

食事とともに、何かが感じ取れるかも。

どこで食べられるの?

以下の記事をどうぞ。 

rahmaway.hatenablog.com