イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

日本ムスリム協会の女性限定イフタールに参加。神はマクロな存在だった。

今日は日本ムスリム協会の女性限定のイフタールに参加。

www.facebook.com

 

まずはナビーラ先生のお話。

 

事実を知的に淡々と伝えるナビーラさん。

盛っているのでもなんでもなく、事実としてイスラムがある、という立場から絶対的知識に基づいたお話が、すごくいい。

聞けば頭いい人だってすぐわかる。

 

いい話はいっぱいあったけど、合点がいったのが、シリアやパレスチナや、世界中で災害や災難にあってしまっている人々に対するドゥア(祈願)について。日本語で言う、「〜になりますように」っていうお願いですね。

 

どうして、一部地域で災害、災難、戦争が起きているのか?

 

それに対して神は、ムスリム(イスラム信者)が十分に祈願しているムスリム共同体は滅ぼさない、と約束されている。

災害や戦争があるということは、その地域のムスリムの祈願が十分ではない。だから罰が下った。

では、その地域の人々が悪いから?

その地域だけをミクロで見るのは狭量。

もっとアングルをずっと引いてみると、その特定のエリアだけでなく、もっと広いエリア。地球全体が問題のエリアかも。

つまり私自身の祈願、私の隣のあなたの祈願が十分でないのが、例えばシリアで起きていることの原因かも。

だから、シリアのためにドゥアする時、まず自分自身の赦しを乞うべき。

そしてシリアのために祈る。

 

言いかえれば、世界で起きていることは全て自分の祈願が十分でないから。

対岸の火事ではなく、私が当事者。

 

だからまず、自分を正す。

謙虚に赦しを乞う。

それからお願いをする。

 

預言者スレイマンも同様に祈っている。

言った。「主よ、わたしを御赦し下さい。そして後世の誰も持ち得ない程の王国をわたしに御与え下さい。本当にあなたは豊かに与えられる方です。」

クルアーン:38章35節

 

わかっていたつもりでも、神が、全宇宙を掌握する大きな存在であることを忘れていた。その宇宙の中のちっぽけな人間が、小さなエリアでガチャガチャ言って暮らしている。そんなことを思い出させてもらったいいお話でした。

 

この日のイフタールは、日本人が9割以上。ムスリムもそうでない方も混じって、牛丼やケーキをいただきました。

 

f:id:rahmaway:20180530091524j:plain

 

f:id:rahmaway:20180530091602j:plain

 

f:id:rahmaway:20180530091701j:plain

 

f:id:rahmaway:20180530091733j:plain

 

f:id:rahmaway:20180530092134j:plain

お土産付き

 

 

 

f:id:rahmaway:20180530092008j:plain

ラマダンクイズで勝ち取ったぞー!