イスラム文化ナビゲーターるかいやのブログ

日本人ムスリム(イスラム教徒)が、ムスリムにも非ムスリムにも役に立つかもしれないあれやこれや。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」観てきた

みんなみんなが勧める。この映画。

 

公開して随分経つと思われる、12月の平日真っ昼間。当然一列に数人のガラガラの静かな映画館を期待していたら、まあ結構な入り。

 

映画終わって思ったのは、

 

次いつ行こ。

 

クィーン?ああ、ってぼんやり知っている程度。

 

見終わった途端カフェで、ググったググった。何もんなんだ?

 

なあんでの話をしてるんだ、と自分に突っ込む。

 

そしてわかった、もう一回観たいというより、もう一回聴きたいんだ、あの音楽を。

 

もう一回ウェンブリーの観客になりたいんだな。

 

昔の世紀の試合とか、有名人の一世一代の舞台とか見た人が、懐かしげに誇らしげに語ることがある。けれども次の世代は絶対見ることができない。普通はね。それを観ることができるのがこの映画。

 

他にも、主人公も含め4人の才能がハーモニーを織りなす魅力とか、またそれを演じる役者、とか色々あるが、語れば陳腐になりそうで勿体無い。

 

私のようにクィーンファンでもない人間が観て、2回目に行く。同様に勿論ファンも。その噂を聞いてまた他の人が行く。またその人が2回目に行く。これはもう上映期間も延びるでしょう。

 

すっごい映画作ったもんだ。

 

まだ観てない?

 

私は行くよ、2回目。

 

f:id:rahmaway:20181205173319j:plain

f:id:rahmaway:20181205173319j:plain